夏フェスの規模 動員人数ランキング TOP10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

毎年、夏になると日本各地で行われるアツい音楽イベント、夏フェス。様々なアーティストのパフォーマンスが一気に見られるとあって、年々盛り上がりを見せています。今回は、最高の夏を過ごすための夏フェスの動員人数ランキング*を調べてみました。
(*ランキングは2017年版の動員人数を元に作成しています)

第1位 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 約274,000人


HPはこちら
ROCK IN JAPAN FESTIVALは、ロッキング・オン社が主催する国内最大の邦楽フェスです。2018年は茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で行われるようです。8月4日, 5日, 11日, 12日と、2週間にわたって開催されるので、参加のチャンスが沢山ありますね!

第2位 SUMMER SONIC 約150,000人


HPはこちら
SUMMER SONICは、国内外アーティストが出演する国内最大規模の都市型フェスです!2017年は東京・大阪の2会場で行われました。2018年も、8月18日(土)・19日(日)に東京会場:ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ / 大阪会場:舞洲サマーソニック大阪特設会場で行われるようです。日本の二大都市で行われるフェスなので、短い移動時間で参加できそうですね。

第3位 FUJI ROCK FESTIVAL 約125,000人


HPはこちら
会場:新潟 苗場スキー場
FUJI ROCK FESTIVALは、世界の重要音楽フェス3位に選出された野外フェスです。毎年、米どころの新潟県の湯沢町苗場スキー場で行われています。湯沢と言えば、温泉も有名ですね。フェスで汗を流して、ゆったり温泉に浸かって…という最高の夏が過ごせそうですね。2018年は7月27日(金)28日(土)29日(日)に行われます。

第4位 ULTRA JAPAN 約120,000人


HPはこちら
会場:東京 お台場ULTRA JAPAN特設会場
ULTRA JAPANは、世界最大級の都市型ダンス・フェスティバルです。東京お台場の特設会場で毎年行われています。2018年は9月15日, 16日, 17日に行われる予定です。20歳未満の参加はできないので、注意が必要です。

第5位 RISING SUN ROCK FESTIVAL 約72,000人


HPはこちら
会場:北海道 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
RISING SUN ROCK FESTIVALは、日本初の本格的オールナイト野外フェスです。1999年にスタートしてから、毎年のように行われており、豊かな自然に囲まれた北海道石狩を会場にするのが特徴のイベントです。2018年で20周年を迎えるこのタイミングで、ぜひ足を運んでみては?

第6位 SWEET LOVE SHOWER 約70,000人


HPはこちら
会場:山梨 山中湖交流プラザ きらら
SWEET LOVE SHOWERは、山中湖のほとりで開催される野外フェスです。音楽チャンネルで有名なSPACE SHOWER TVが主催しています。山梨県の奥地で行われるので、暑い夏も涼しく過ごせそうですね。空気の良い高原で、最高の夏を過ごしましょう。

第7位 京都大作戦 約60,000人


HPはこちら
会場:京都 立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
京都大作戦は、ロックバンドの10-FEETが主催する野外フェスです。毎年、京都立山城総合運動公園太陽が丘特設野外ステージ京都で行われています。環境に配慮した取組としてリユースカップを全面導入しており、ごみの出ないフェスづくりを進めると同時に、10-FEETの呼びかけで演奏終了後、多くのファンが散乱ごみを進んで拾うという徹底ぶりです。そのため、毎年ほとんどごみが落ちていないフェスとして確立されていると言います。

第8位 MONSTER baSH 約50,000人


HPはこちら
会場:香川 国営讃岐まんのう公園
MONSTER baSHは、中四国最大級のロックフェスです。中四国での野外フェスは珍しく、他ではない盛り上がりを見せます。2018年は、去年と同じく香川県の国営讃岐まんのう公園で行われます。初回2008年の開催では約5000人の動員数だったことを考えると、年々盛り上がっていることが伺えますね。2018年は8月18日(土)、19日(日)に開催予定です。

第9位 JOIN ALIVE 約36,000人


HPはこちら
会場:北海道 いわみざわ公園
JOIN ALIVEは、北海道・岩見沢(野外音楽堂キタオン+北海道グリーンランド)で開催される野外フェスです。名称には「この場所に皆が集まり、繋がりながら広がって生きていく喜びを感じる」というメッセージと、「July(7月)」「Oasis(オアシス)」「Iwamizawa(岩見沢)」「Nature(自然)」の頭文字を取って「JOIN」という二重の意味が込められているそうです。2018年は7月14日(土)、15日(日)に行われる予定です。

第10位 SONICMANIA 約22,000人


HPはこちら
会場:千葉 幕張メッセ
SONICMANIAは、国内外アーティストが出演するSUMMER SONICの前夜祭です。動員数第2位のSUMMER SONICの前夜祭で、ここまでの動員数を集めるほど人気があるということですね。

まとめ

以上、最高に楽しい夏を過ごすために必須な夏フェスのランキングをご紹介しました。
北海道など避暑地で行われる夏フェスもあるので、暑いのが苦手な私としては、ぜひ参加してみたいものが多いですね。
夏の暑さを乗り切るために、これを機に夏フェスに参加してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 今大注目のインスタグラム、昨年くらいから多くの人達が最高の写真や満足の出来る写真を求めインスタ映えす…
  2. はじめにみなさんは友人の結婚式などに招かれたことはありますでしょうか?結婚式に招かれた人にとって…
  3. はじめに香港政府の発表によると2017年現在の香港の全人口は7,410,500万人、総面積は1,…
  4. はじめにダイットで一番効果があるのは食事制限その中でも糖質をいかに減らすかがダイエット成功の鍵と…
  5. 男子シングルフィギュアスケートの大会国際ルールはショートプログラムとフリースケーティングの合計得点で…
  6. 2016年の年間空港別利用者数のTOP30のご紹介になります。普段利用している空港がどれだけの人が利…
  7. テニス選手って美人多くないですか?今回はそんな世界で活躍している女子テニス選手の美女ランキングトップ…
  8. 近年タワーマンショの人気が加速して東京都内各所に様々なタワーマンショが開発されました。そんな数多くあ…
  9. はじめに今回は都道府県別の家の広さランキングをご紹介します。私は現在東京に住んでいますが、いつか…
  10. はじめに現在日本国内にあるファミリーマートの店舗数は17,656店舗、海外は6,791店舗で国内…
PAGE TOP