全国を代表する有名なお祭り人出 動員数 ランキング TOP10

はじめに

みなさん、お祭りは好きですか?私は、お祭りの屋台で食べるたこ焼きが大好きです。今回はそんなお祭りの人出を元にランキング形式でまとめてみました。このサイトを参考にして是非、人気のお祭りに行ってみてください。(お祭りの動員数は2016年のデータに準拠しています)

 

第1位 博多祇園山笠 3000000人

HPはこちら

このお祭りは、福岡県福岡市博多区で開催されます。700年以上もの伝統があり、7/1~7/15にかけて行われています。正式には、櫛田神社祇園例大祭と言い博多を代表するお祭りです。

 

第2位 青森ねぶた祭 2760000人

HPはこちら

 

このお祭りは、青森県青森市で開催されます。ねぶた、とは青森県各地で行われる夏祭りの一種の名称です。祭りの開催期間は毎年変わらず、8/2~8/7までの6日間夏に開催されます。1980年に、国の重要無形民俗文化財に指定されました。

 

第3位 さっぽろ雪まつり 2609000人

HPはこちら

このお祭りは、北海道札幌市中央区で行われます。お祭りの開催期間は、大通り会場とすすきの会場では2018年度は2/5~2/12の8日間となっており、つどーむ会場では、2018年度は2/1~2/12の12日間となっております。

 

第4位 仙台七夕まつり 2283000人

HPはこちら

このお祭りは、宮城県仙台市青葉区で開催されます。開催期間は、2018年度では8/6~8/8の3日間行われます。期間中は仙台市内が、色鮮やかな七夕の飾りで埋め尽くされます。是非お祭りに参加し、短冊に想いを書いてみてはいかがでしょうか?

 

第5位 日本ど真ん中祭り 2202000人

HPはこちら

このお祭りは、愛知県名古屋市中区で開催されます。開催期間は、2018年度は8/24~8/26の3日間となっております。8/24が前夜祭で、8/25と8/26が本祭となります。お祭りの内容は、全国から参加チームを募って地元をアピールするため曲に合わせて踊る、というものです。

 

第6位 YOSAKOIソーラン祭り 2054000人

HPはこちら

このお祭りは、北海道札幌市中央区で開催されます。開催期間は2018年度では、6/6~6/10の10日間となっております。このお祭りは北海道のソーラン節と、高知県のよさこい祭りが混ぜ合わされて生まれた新しい祭りです。

 

第7位 三社祭 2010000人

HPはこちら

このお祭りは、東京都台東区で開催されます。開催期間は、2018年度は5/18~5/20の3日間となっております。このお祭りは、浅草神社で催される例大祭で正式名称を「浅草神社例大祭」と言います。

 

第8位 博多どんだく港まつり 2000000人

HPはこちら

このお祭りは、福岡県福岡市博多区で開催されます。開催期間は、毎年変わらずで5/3~5/4の2日間となっております。お祭りの内容は、「どんたく隊」と呼ばれるさまざまなグループが演舞をする、というものとなっております。

 

第9位 浜松まつり 1738000人

HPはこちら

このお祭りは、静岡県浜松市中区で開催されます。開催期間は、2018年度では5/3~5/5の3日間となっております。凧まつりとも呼ばれ、お祭りの内容としては凧揚げ合戦などを行う催しとなっております。

 
第10位 弘前ねぷた祭り 1680000人

HPはこちら

このお祭りは、青森県弘前市で開催されます。開催期間は、2018年度では8/1~8/7の7日間となっております。このお祭りは、弘前4大祭りの一つで、武者の絵が描かれた山車を引きながら弘前市内を歩く、という内容となっております。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?日本全国のお祭りを、動員数順にランキング化しました。私もこの記事を書いていて、早く地元の夏祭りに行ってみたくなりました。これを機に色々なお祭りへと足を運ぶ、というのもいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP