夏の甲子園 全国高等学校野球選手権大会 出場回数 ランキング

高校野球といえば甲子園、せいs記名は全国高等学校野球選手権大会と呼ばれ1915年に開始されて2018年には記念スべき第100回を迎えます。今回はそんな甲子園で夏の大会で出場回数が多い高校のランキングをご紹介します!

出場回数ランキング

順位 高校名 都道府県
出場回数(夏)
1 北海 北海道 38
2 松商学園 長野県 36
3 龍谷大平安 京都府 33
4 早稲田実業 東京都 29
5 中京大中京 愛知県 28
5 県岐阜商 岐阜県 28
5 天理 奈良県 28
8 仙台育英 宮城県 26
9 松山商 愛媛県 25
10 静岡 静岡県 24
11 徳島商 徳島県 23
11 鳥取西 鳥取県 23
13 広陵 広島県 22
13 広島商 広島県 22
13 東北 宮城県 22
13 福井商 福井県 22
13 高知商 高知県 22
13 智弁和歌山 和歌山県 22
19 熊本工 熊本県 20
19 桐蔭 和歌山県 20

北海高校 話題のアゲアゲホイホイ

まとめ

夏の甲子園 全国高等学校野球選手権大会 出場回数 ランキングいかがでしたでしょうか?夏の甲子園で最も出場回数が多かったのは北海道の北海学園です。北海学園は応援団のアゲアゲホホイで有名ですよね。またランキングに入っている高校は当然強豪校なので有名な高校ばかりです。夏はやっぱり高校野球がよく似合いますよね!

スポンサーリンク

ランキングを検索


ピックアップ記事

PAGE TOP