2022年開業予定「ジブリパーク」に期待する施設ランキング

はじめに

ジブリシリーズを制作配信するスタジオジブリと愛知県が協力して現在の愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園の敷地内にスタジオパークを2022年内をめどに開業すると発表がありました。主な施設として予定されているのが5つのエリアに別れそれぞれのジブリ作品の世界観を体験出来るような施設ようです。

開業予定地

予定されている5つのエリア

「青春の丘エリア」ハウルの動く城など
「もののけの里エリア」もののけ姫など
「どんどこ森エリア」となりのトトロなど
「魔女の谷エリア」ハウルの動く城、魔女の宅急便など
「ジブリの大倉庫エリア」スタジオジブリに展示品など



(C)Studio Ghibli

期待するエリアランキング

第1位 魔女の谷エリア

魔女の宅急便のキキの家やハウルの城などが設けられる予定です。

第2位 青春の丘エリア

ハウルの動く白に登場するエレベーターや耳をすませばに登場する「地球屋」が再現される予定です。

第3位 もののけの里エリア

もののけ姫に登場する「タタラ場」が再現される予定です。

第4位 どんどこ森エリア

となりのトトロに登場する「サツキとメイの家」の家が再現される予定です。

第5位 ジブリの大倉庫エリア

スタジオジブリの映像や作品の展示品や子どもたちが遊べる施設が充実する予定です。

(C)Studio Ghibli

三鷹の森ジブリ美術館の様子

まとめ

2022年開業予定ですが、今から楽しみですね。おそらくいま現存する三鷹の森ジブリ美術館の大きいバージョンと言ったイメージになるのでしょうか。結構敷地も広いので1日中楽しめる公園になりそうですよね。ただ東京在住の私にとって愛知県まで行くのは少しハードルが高めです。でも愛知県にとっては国内含め、外国人などの多くの観光客が期待できそうですね。

スポンサーリンク

ランキングを検索


ピックアップ記事

PAGE TOP