全国 市の2045年将来人口予測 減少率 過疎化 ワーストランキング TOP100

はじめに

日本の2018年の人口は1億2700万人ですが今後は年々減少傾向にあります。過疎化、過疎化と騒がれていますが、一体どんな街の人口減少率が高いのか国立社会保障・人口問題研究所のデータを参照し人口減少率の高い市のワーストランキングトップ100をご紹介します!

ワーストランキング

ワースト順位 市名 2015年人口 2045年人口予想 減少率(%)
1 夕張市 8,843 4,265 -51.8
2 歌志内市 3,585 1,762 -50.9
3 室戸市 13,524 6,922 -48.8
4 赤平市 11,105 5,917 -46.7
5 熱海市 37,544 20,578 -45.2
6 土佐清水市 13,778 7,554 -45.2
7 珠洲市 14,625 8,083 -44.7
8 三笠市 9,076 5,060 -44.2
9 芦別市 14,676 8,221 -44.0
10 男鹿市 28,375 16,439 -42.1
11 輪島市 27,216 16,197 -40.5
12 南房総市 39,033 23,416 -40.0
13 三好市 26,836 16,190 -39.7
14 北秋田市 33,224 20,071 -39.6
15 能代市 54,730 34,023 -37.8
16 尾鷲市 18,009 11,256 -37.5
17 竹田市 22,332 13,973 -37.4
18 美唄市 23,035 14,413 -37.4
19 勝浦市 19,248 12,050 -37.4
20 江田島市 24,339 15,437 -36.6
21 御所市 26,868 17,043 -36.6
22 下田市 22,916 14,591 -36.3
23 萩市 49,560 31,665 -36.1
24 伊豆市 31,317 20,043 -36.0
25 小樽市 121,924 78,083 -36.0
26 伊東市 68,345 43,771 -36.0
27 熊野市 17,322 11,112 -35.9
28 東かがわ市 31,031 19,933 -35.8
29 美祢市 26,159 16,862 -35.5
30 銚子市 64,415 41,522 -35.5
31 長門市 35,439 22,874 -35.5
32 湯沢市 46,613 30,090 -35.4
33 仙北市 27,523 17,836 -35.2
34 津久見市 17,969 11,652 -35.2
35 大月市 25,419 16,502 -35.1
36 志摩市 50,341 32,816 -34.8
37 宮津市 18,426 12,026 -34.7
38 宇陀市 31,105 20,325 -34.7
39 国東市 28,647 18,764 -34.5
40 いすみ市 38,594 25,320 -34.4
41 八幡浜市 34,951 23,031 -34.1
42 陸前高田市 19,758 13,044 -34.0
43 八幡平市 26,355 17,401 -34.0
44 安芸市 17,577 11,640 -33.8
45 三浦市 45,289 29,992 -33.8
46 深川市 21,909 14,540 -33.6
47 垂水市 15,520 10,302 -33.6
48 西予市 38,919 25,838 -33.6
49 常陸太田市 52,294 34,737 -33.6
50 北杜市 45,111 30,010 -33.5
51 砂川市 17,694 11,805 -33.3
52 富津市 45,601 30,500 -33.1
53 高梁市 32,075 21,464 -33.1
54 竹原市 26,426 17,721 -32.9
55 鳥羽市 19,448 13,078 -32.8
56 気仙沼市 64,988 43,731 -32.7
57 大館市 74,175 50,182 -32.3
58 佐渡市 57,255 38,759 -32.3
59 豊後大野市 36,584 24,817 -32.2
60 士別市 19,914 13,518 -32.1
61 釜石市 36,802 24,999 -32.1
62 鹿角市 32,038 21,769 -32.1
63 氷見市 47,992 32,613 -32.0
64 美作市 27,977 19,047 -31.9
65 栗原市 69,906 47,607 -31.9
66 枕崎市 22,046 15,052 -31.7
67 新見市 30,658 20,945 -31.7
68 つがる市 33,316 22,791 -31.6
69 阿久根市 21,198 14,538 -31.4
70 美馬市 30,501 20,927 -31.4
71 五條市 30,997 21,291 -31.3
72 備前市 35,179 24,166 -31.3
73 上山市 31,569 21,698 -31.3
74 稲敷市 42,810 29,429 -31.3
75 五島市 37,327 25,689 -31.2
76 糸魚川市 44,162 30,414 -31.1
77 横手市 92,197 63,606 -31.0
78 尾花沢市 16,953 11,701 -31.0
79 宇和島市 77,465 53,487 -31.0
80 遠野市 28,062 19,384 -30.9
81 大仙市 82,783 57,207 -30.9
82 香美市 27,513 19,081 -30.6
83 上天草市 27,006 18,736 -30.6
84 庄原市 37,000 25,749 -30.4
85 阿波市 37,202 25,912 -30.3
86 鴨川市 33,932 23,636 -30.3
87 香取市 77,499 54,012 -30.3
88 上野原市 24,805 17,301 -30.3
89 山武市 52,222 36,459 -30.2
90 臼杵市 38,748 27,064 -30.2
91 村上市 62,442 43,646 -30.1
92 須崎市 22,606 15,824 -30.0
93 村山市 24,684 17,280 -30.0
94 にかほ市 25,324 17,733 -30.0
95 函館市 265,979 186,505 -29.9
96 那須烏山市 27,047 18,998 -29.8
97 桐生市 114,714 80,604 -29.7
98 館山市 47,464 33,366 -29.7
99 豊後高田市 22,853 16,073 -29.7
100 伊佐市 26,810 18,876 -29.6

参照:国立社会保障・人口問題研究所

北海道夕張市の様子

まとめ

全国 市の2045年将来人口予測 減少率 過疎化 ワーストランキング TOP100いかがでしたでしょうか?減少率が一番高いと予想されているのは北海道にある夕張市です。夕張市はもともと炭鉱で栄えた街です。ワーストの2位の歌志内市もそうです。夕張市は炭鉱が栄えた昭和30年代には人口が10万人を超えており、ピーク時は117000人となっています。それが2045年には人口が4000人まで減少すると言われています。やはり全国的に見ても昔は産業が栄えた街でもその産業が衰退したところの減少率は高くなりますよね。2045年ごろには夕張市のような街が今より格段に多くなっていると思います。日本は特に東京、大阪、名古屋などの大都市に一極集中する傾向があるため、早急に地方の再生も必要なのではないかと思います。でないと日本の地方は本当に悲惨な状況になりそうですよね。

スポンサーリンク

ランキングを検索


ピックアップ記事

PAGE TOP