最新 年間訪日外国人数 国別ランキング TOP15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年LCCの普及により格安で世界を行き来することが出来るようになりました。各LCCのキャンペーンやバーゲンセールを利用するとアジア圏であれば1万円以下で往復出来たりもします。最近街がどや観光地でもかなり外国人観光客を見ることも増えました。大都市には昔はあまり目にすることがなかった免税店や両替所も増えなんかここ10年ですごく変わったなと思います。それもそのはず2005年の年間訪日客数は670万人あまり、2016年2400万人と3倍以上も植えたことになります。今年2017年もっと増えると予想されています。そこで今回はどの国の訪日者が多いかまとめてみました。

第15位【ベトナム】 233,763人

第14位【フランス】 253,449人

第13位【インドネシア】 271,014人

第12位【カナダ】 273,213人

第11位【イギリス】 292,458人

第10位【フィリピン】 347,861人

第9位【シンガポール】 361,807人

第8位【マレーシア】 394,268人

第7位【オーストラリア】 445,332人

第6位【タイ】 901,525人

第5位【アメリカ】 1,242,719人

第4位【香港】 1,839,193人

第3位【台湾】 4,167,512人

第2位【韓国】 5,090,302人

第1位【中国】 6,373,564人

まとめ

やはり隣国の国が上位を占めますね。なぜなら圧倒的にアクセスがいいですからね。中国人がめちゃくちゃ多いなと思う人もいるかもしれませんが、実は台湾人や香港人だったりすることもあります。マレーシアやシンガポールの華僑も北京語話したりしますしね。以外なのが東南アジアの訪日客も多いということ、10年前は先進国の国が上位を占めていましたが、それだけお金持ちも増えたということでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 2000年代後半から本格したLCC(ローコストキャリア)の参入により世界はまさに大航海時代に変わる大…
  2. 最近日本では大阪で建設されたアベノハルカス(300m)が今まで長い間日本で1番高かったランドマークタ…
  3. はじめに今回は日本の国技でもある大相撲の歴代横綱の優勝回数ランキングのご紹介をします!大相撲の始…
  4. 全国JR駅(1日平均)利用者ランキングTOP10(JR東・西日・東海本調べ2015年度)第10位…
  5. はじめに2017年現在、全国には150あまりのイオンモールがあります。大きな街には必ずあり、地方…
  6. はじめに今回は世界のGDP(国内総生産)のランキングをご紹介します。景気が悪い言い続けれている日…
  7. 今回はどのスポーツにどれだけの競技人口があるか気になったので調べてみました。このランキングは日本国内…
  8. 近年世界では海外を旅するクルーズ船の重要が急拡大しています。クルーズインターナショナルアソシーション…
  9. 全国の高速道路の年間合計、休日、ゴールデンウィークの渋滞区間のワーストランキングです。これらの区間を…
  10. はじめに日本国内には多くのアウトレットモールがあります。有名なブランド品などが格安で買えたり、最…
PAGE TOP