2018 最新 商社の売上高ランキング TOP20

はじめに

島国である日本は資源が少なく、海外からの輸入に頼ざる得ません。そこで活躍しているのが商社です。商社は世界中から日本に必要な資源を輸入しています。大手商社などは水からロケットまでと多岐にわたり様々なビジネスにかかわり、げんだいの日本において商社なしでは経済が回りません。今回はそんな日本の商社で売上高の高い企業トップ20をご紹介します。

商社の売上高ランキング TOP20

順位 会社名 売上高
1 三菱商事 7兆5674億円
2 丸紅 7兆5403億円
3 豊田通商 6兆4910億円
4 伊藤忠商事 5兆5100億円
5 三井物産 4兆8921億円
6 住友商事 4兆8273億円
7 メディパルHD 3兆1463億円
8 アルフレッサ 2兆6029億円
9 三菱食品 2兆5134億円
10 スズケン 2兆1240億円
11 日鉄住金物産 2兆0623億円
12 双日 1兆8164億円
13 阪和興業 1兆7911億円
14 東邦HD 1兆2133億円
15 加藤産商 9738億円
16 神鋼商事 9294億円
17 岡谷鋼機 8514億円
18 長瀬産業 7839億円
19 伊藤忠エネクス 7447億円
20 あらた 7329億円

日本で最大の総合商社

まとめ

2018最新 商社の売上高ランキング TOP20いかがでしたでしょうか?日本で一番売上高のある商社は三菱商事でした。商社には多岐にわたってビジネスを展開する総合商社と専門分野に特化した専門商社の二種類があります。その中でもとりわけ大きな商社を5大商社と呼ばれ、三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅がそれに該当します。商社は為替やその都市の状況によって売り上げが大きく左右されるため、毎年順位は異なります。近年は豊田通商も売り上げを伸ばし今回のランキングでは3位になっています。

スポンサーリンク

ランキングを検索


ピックアップ記事

PAGE TOP