最新 都道府県別 完全失業率 ワーストランキング

はじめに

総務省統計局のデータによると日本全国の2017年の年間平均完全失業率は2.8%となっており、2016年の3.1%にくらべ失業率は改善傾向にあります。今回はそんな全国都道府県別の完全失業率ワーストランキングをご紹介します。

2017年平均完全失業率ワーストランキング表

順位 都道府県 労働人口(千人) 完全失業者(千人)
完全失業率(%)
1 沖縄県 718 27 3.8
2 青森県 672 23 3.4
2 大阪府 4489 151 3.4
2 福岡県 2589 88 3.4
5 北海道 2665 89 3.3
6 熊本県 908 28 3.1
7 秋田県 503 15 3.0
7 高知県 364 11 3.0
9 埼玉県 3904 112 2.9
9 東京都 7908 226 2.9
9 鹿児島県 824 24 2.9
12 宮城県 1222 34 2.8
12 兵庫県 2789 79 2.8
14 千葉県 3340 89 2.7
14 神奈川県 4988 137 2.7
14 新潟県 1197 32 2.7
14 京都府 1350 37 2.7
14 奈良県 660 18 2.7
19 茨城県 1512 39 2.6
19 香川県 496 13 2.6
19 長崎県 683 18 2.6
22 徳島県 365 9 2.5
22 愛媛県 687 17 2.5
24 栃木県 1042 25 2.4
24 静岡県 2041 48 2.4
24 愛知県 4060 97 2.4
24 岡山県 959 23 2.4
24 広島県 1454 35 2.4
24 大分県 588 14 2.4
30 福島県 1000 23 2.3
30 山梨県 443 10 2.3
32 岩手県 670 15 2.2
32 岐阜県 1106 24 2.2
34 山形県 577 12 2.1
34 群馬県 1017 21 2.1
34 富山県 567 12 2.1
34 山口県 699 15 2.1
38 石川県 613 12 2.0
38 長野県 1133 23 2.0
38 滋賀県 735 15 2.0
38 鳥取県 298 6 2.0
38 宮崎県 559 11 2.0
43 福井県 423 8 1.9
43 三重県 940 18 1.9
45 佐賀県 438 8 1.8
46 和歌山県 493 8 1.6
47 島根県 348 5 1.4

出典:総務省統計局2017年のデータを参考にRan-Kingによって作成

まとめ

都道府県別完全失業率ワーストランキングいかがでしたでしょうか?完全失業率が最も高かったのは沖縄県でした。今回のランキングを調査してみて思ったことは地方だから必ずしも失業率が高くないということでした。特に一番失業率の低かった島根県は人口減少も目まぐるしく経済も衰退しているようなイメージでしたが真逆の結果です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP