日本の五大桜 樹齢ランキングと三大桜

日本の五大桜とは

日本の五大桜とは1922年に国の天然記念物として指定された桜になります。桜は古くから日本の春の風物詩として人気が高く大事に育てらていました。現在の私達がよく目にする桜は戦後に植えられたものがほとんどで古い桜はなかなか見ることが出来ません。

五大桜樹齢ランキング

第1位 山高神代桜(山梨県北杜市)

樹齢推定1800年〜2000年  樹高10.3m 幹回り11.8m

第2位 根尾谷の淡墨桜(岐阜県本巣市)

樹齢推定約1500年 樹高16.3m、幹回り9.91m

第3位 三春滝桜(福島県田村郡三春町)

樹齢推定1000年以上 樹高約12m 幹回り 約11m

第4位 狩宿の下馬ザクラ(静岡県富士宮市)

樹齢推定約1000年 かつては樹高35m、幹回り8.5m

第5位 石戸蒲ザクラ(埼玉県北本市)

樹齢約800年 樹高約12m幹回り 約7.2m

三大桜とは

日本の三大桜とは三春滝桜(福島県田村郡三春町)、山高神代桜(山梨県北杜市)、根尾谷の淡墨桜(岐阜県本巣市)の事をいい。どの桜も推定樹齢は1000年を超える歴史ある桜です。1000年前の人と同じ桜を見れるなんて少しロマンがありますよね。

まとめ

桜は本当に日本人の心ですよね。毎年桜が咲く季節は特に学校や仕事の節目だったりするので余計に思い入れがあるようにも感じます。私も以前海外に長く住んでいた時がありましたが春になるといつも日本の桜を思い出し、久しぶりに見るとすごく感動したことを覚えています。

スポンサーリンク

ランキングを検索


ピックアップ記事

PAGE TOP