夏季オリンピック 国別 歴代金メダル数 ランキング TOP20

はじめに

いよいよ2020年には東京で2回目の夏季オリンピックが開催されます。今から楽しみですよね。というわけで今回は1896年にアテネで始まった第1回夏季オリンピックから2016年のリオデジャネイロ夏季オリンピックまでの国別の歴代金メダル獲得数ランキングをご紹介します。

国別金メダル数ランキング

順位 国名 金メダル数
1 アメリカ 1,022
2 旧ソ連 395
3 イギリス 263
4 中国 224
5 フランス 212
6 イタリア 206
7 ドイツ 191
8 ハンガリー 175
9 旧東ドイツ 153
10 ロシア 149
11 オーストラリア 147
12 スウェーデン 145
13 日本 142
14 フィンランド 101
15 韓国 90
16 ルーマニア 89
17 オランダ 85
18 キューバ 78
19 ポーランド 68
20 カナダ 64

1928年日本人初の金メダル

まとめ

夏季オリンピック 国別 歴代金メダル数 ランキングいかがでしたでしょか?1位は圧倒的にアメリカでした。アメリカは特に陸上競技が強いですよね。日本は1912年のストックホルム大会で初めて参加しました。当時派遣された選手はなんと2名だったそうです。その後第二次世界大戦中の1948年ロンドンオリンピックは参加が許されず1952年からずっと今まで全ての大会に参加しています。日本の歴代の金メダル数は142個で13位となっていますが、思ったより上位ですよね。2020年東京オリンピックも日本人選手頑張って欲しいですよね。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP