気象庁 1時間あたりの最大降水量 歴代ランキング TOP20

近年ゲリラ豪雨や爆弾低気圧という言葉をよく耳にするようになりました。それらは短時間で猛烈な降水量をもたらし、瞬時に洪水を引き起こしたりします。今回はそんな1時間あたりの降水量で歴代最も多かった地区のランキングをトップ20をご紹介します!

1時間あたりの最大降水量ランキング

順位 最大降水量(1時間) 地名 都道府県 観測日
1 153 香取 千葉県 1999年10月27日
1 153 長浦岳 長崎県 1982年7月23日
3 152 多良間 沖縄県 1988年4月28日
4 150 甲佐 熊本県 2016年6月21日
4 150 清水 高知県 1944年10月17日
6 149 室戸岬 高知県 2006年11月26日
7 147 前原 福岡県 1991年9月14日
8 146.5 岡崎 愛知県 2008年8月29日
9 145.5 仲筋 沖縄県 2010年11月19日
10 145 潮岬 和歌山県 1972年11月14日
11 143.5 古仁屋 鹿児島県 2011年11月2日
12 143 山口 山口県 2013年7月28日
13 140 銚子 千葉県 1947年8月28日
14 139.5 宮崎 宮崎県 1995年9月30日
15 139 ] 宮川 三重県 2004年9月29日
15 139 与那覇岳 沖縄県 1980年9月24日
15 139 尾鷲 三重県 1972年9月14日
18 138.5 須佐 山口県 2013年7月28日
19 138 宮古島 沖縄県 1970年4月19日
20 134.5 雲仙岳 長崎県 2015年8月25日

1時間あたり100mmの降水量の様子

まとめ

気象庁 1時間あたりの最大降水量 歴代ランキング TOP20いかがでしたでしょうか?1位は千葉県香取市と長崎県の長浦岳で観測された153mmでした。上の動画にあるように100mmでも猛烈な雨なのにそれの1.5倍もの量です。もう想像を超えている降水量ですよね。最近異常気象が続き水害が多くなっております。今までの常識を超える雨が多くなっているということです。日本は山間部が多いため、水害は時として恐ろしいほどの被害をもたらします。もっと河川工事や土砂崩れ防止などの対策が必要ですよね。

スポンサーリンク

ランキングを検索


ピックアップ記事

PAGE TOP