気象現象 なんでもランキング世界一

はじめに

今回は世界の様々な気象現象の歴代世界一の記録をご紹介します。日本だけでも北と南では大きく気象が変わります。当然世界はもっと広く東西南北、標高や内陸などで大きく気象条件が異なります。そんな広い世界の世界一をご参考下さい!

気象現象なんでも世界一

気象現象 場所 記録 日時
最高気温 カリフォルニア州/デスヴァレー国立公園 56.7℃ 1913年7月10日
最低気温 南極 /ボストーク基地 −89.2℃ 1983年7月21日
高気圧 ロシア/アガタ 1,083.8hPa 1968年12月31日
低気圧 日本/沖ノ鳥島 870hPa 1979年10月12日
最大瞬間風速 アメリカ/グアム 105.5m/s 1997年12月16日
日降水量 レユニオン島/シラオス 1,870mm 1952年3月15日
月最多降水量 インド/チェラプンジ 9,299mm 1861年7月
年最多降水量 インド/チェラプンジ 26,461mm 1860-1861年
日最大降雪量 日本/伊吹山 230cm 1975年1月14日
積雪量 日本/伊吹山 11.83m 1927年2月14日
年最大降雪量 アメリカ/レーニア山 31.1m 1971-1972年

最大瞬間風速100m超えの様子

世界一雨の多い場所チェラプンジの様子

まとめ

気象現象 なんでもランキング世界一いかがでしたでしょうか?日本も意外と記録に残ってるんですね。しかしこれらの記録は逆に生活するには非常に困難な場所とも捉えれますよね。最低気温の南極は別として、最高気温が50度超えなんて想像がつきません。ずっと低温サウナの中にいるような感じですよね。近年地球は温暖化の影響もあり気象現象も変わってきているので今後これらの記録も更新されそうですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP