最新 関西圏の住宅土地価格 上昇率ランキング TOP10

今回は国土交通省が発表している平成29年都道府県地価調査をもとに関西圏での平成28年から29年にかけて住宅土地価格が上昇した場所のランキングトップ10をご紹介します!

関西圏住宅地上昇率ランキング

順位 住所 平成28年(円/㎡) 平成29年(円/㎡) 上昇率(%)
1 京都市上京区室町通下立売上る勘解由小路町156番 455,000 500,000 9.9
2 京都市東山区三条通北裏白川筋東入堀池町379番1 285,000 310,000 8.8
3 京都市上京区室町通上立売上る室町頭町256番 348,000 377,000 8.3
4 大阪市北区長柄中1丁目3番15 375,000 406,000 8.3
5 京都市上京区中筋通石薬師下る新夷町377番1 342,000 370,000 8.2
6 神戸市灘区泉通5丁目2番7 240,000 257,000 7.1
7 神戸市灘区灘南通3丁目17番3 230,000 246,000 7
8 大阪市福島区鷺洲5丁目6番41 333,000 356,000 6.9
9 堺市北区百舌鳥梅町1丁17番6 182,000 192,000 5.5
10 堺市北区百舌鳥梅北町4丁151番1 172,000 181,000 5.2

京都のインバウンド需要

まとめ

最新 関西圏の住宅土地価格 上昇率ランキング TOP10いかがでしたでしょうか?上位3位はなんと京都市が独占状態となっています。その理由として近年急増している外国人観光客のインバウンド重要があるようです。人が多く集まるようになり土地価格も上昇してきています。京都は中心街を外れると元々は結構土地がやすかったりするので、立地の地域は土地価格が上昇しています。

スポンサーリンク

ランキングを検索


ピックアップ記事

PAGE TOP