富士山の初冠雪 観測日 ランキング 2000年以降

富士山の標高は3776mで静岡県と山梨県にまたがる日本最高峰の山です。富士山の初冠雪日は毎年ニュースなどで話題となり、平年の観測日は9月30日から10月1日頃です。今回はそんな富士山で観測された初冠雪日を2000年以降で早い年ランキングをまとめてみましたのでご紹介します!

初冠雪観測日 早い年ランキング

順位 初冠雪日
1 2008年 8月9日
2 2000年 9月4日
3 2002年 9月27日
4 2010年 9月25日
5 2011年 9月24日
6 2001年 9月22日
7 2012年 9月12日
8 2006年 10月7日
8 2009年 10月7日
10 2003年 10月6日
10 2007年 10月6日
12 2016年 10月26日
13 2017年 10月23日
14 2004年 10月21日
15 2013年 10月19日
16 2014年 10月16日
17 2005年 10月11日
17 2015年 10月11日

2017年の富士山初冠雪の様子

まとめ

富士山の初冠雪 観測日 ランキング 2000年以降いかがでしたでしょうか?富士山の初冠雪の冠雪日が最も早かったのは2008年の8月9日でした。8月ってまだ夏真っ盛りでしょね。気温は湿度にもよりますが100m上昇すると0.6から1度下がると言われています。海抜0mから比較すると最大36度も下がることになります。静岡市が30度前後でも富士山山頂は氷点下ということもザラにあるようですよね。

スポンサーリンク

ランキングを検索


ピックアップ記事

PAGE TOP