全国コーヒーチェーン 店舗数ランキング TOP10 2018 最新版

第5位 タリーズ 671店舗

アメリカコーヒーの聖地シアトル発祥です。現在の親会社は伊藤園。味へのこだわりを持った25歳以上の女性をターゲットにしているとのことです。

第4位 コメダ珈琲店 747店舗

モーニングコーヒーのメッカである名古屋発祥。近年急速に全国へ店舗拡大しているカフェチェーンです。元々は郊外でシニア層に強い支持を得ていましたが最近では都市部でもよく見かけるようになりました。名物はシロノワールと呼ばれるデニッシュにソフトクリームがのったデザートです。

第3位 サンマルク 888店舗

岡山に本社があります。パンのメニューが充実しており、名物はチョコクロと呼ばれるクロワッサンにチョコレートを挟んだパンです。

第2位 ドトール 1,124店舗

街中やモール内などいたるところにあります。コーヒーは1杯220円〜と格安。昔は落ち着かない店舗が多かったですが、最近はスタイリッシュなおしゃれな店舗も増えかなりコストパフォーマンスが高くなりました。

第1位 スターバックス 1,260店舗

日本で一番店舗数が多く人気なのがスターバックス。以前はスターバーックスがある場所は都会の代名詞のように扱われ近くにスタバがあるというのは憧れの1つでした。最近は中小規模の街でもどんどん出店しています。ブランディングが非常にうまいお店だなと感じています。

まとめ

皆さんいかがでしたでしょうか?私の予想ではドトールが一番だと思っていましたが、スターバックスが一番多いという結果になりました。確かに最近どこに行ってもみかけますからね。しかも決して安い価格ではないにもかかわらずどの店舗も人がたくさん。結構儲かってるんでしょうね。

ページ:
1

2

スポンサーリンク

ランキングを検索


ピックアップ記事

PAGE TOP