全国都道府県別 最低賃金(時給)ランキング 2017

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

平成29年10月より全国で最低賃金の改定があり、今まで全国平均で823円だった賃金が848円と25円あまり上昇するみたいです。時給はできれば少しでも高いほうが嬉しいですよね。各都道府県の最低賃金のランキングを作成してみましたので気になる方はご参考下さい!

都道府県別最低時給ランキング表

順位 都道府県名 時給
40 沖縄県 737円
40 宮崎県 737円
40 熊本県 737円
40 高知県 737円
40 佐賀県 737円
40 鹿児島県 737円
40 大分県 737円
40 長崎県 737円
36 青森県 738円
36 岩手県 738円
36 秋田県 738円
36 鳥取県 738円
34 山形県 739円
34 愛媛県 739円
33 徳島県 740円
32 島根県 740円
31 福島県 748円
30 香川県 766円
29 宮城県 772円
27 和歌山県 777円
27 山口県 777円
26 福井県 778円
25 新潟県 778円
23 石川県 781円
23 岡山県 781円
22 群馬県 783円
21 山梨県 784円
20 奈良県 786円
19 福岡県 789円
17 富山県 795円
17 長野県 795円
16 茨城県 796円
15 北海道 810円
13 栃木県 800円
13 岐阜県 800円
12 滋賀県 813円
11 広島県 818円
10 三重県 820円
9 静岡県 832円
8 兵庫県 844円
7 京都府 856円
6 千葉県 868円
4 埼玉県 871円
4 愛知県 871円
3 大阪府 909円
2 神奈川県 956円
1 東京都 958円

出典:厚生労働省 地域別最低賃金の全国一覧より

まとめ

やはり都市部の賃金が高く地方の人口が少ない地域は低い傾向がありますね。トップの東京都、最下位の県では約200円もの差があります。都市部は物価も高いので仕方ないですね。でも東京や神奈川の山間部や田舎の方にすみながら生活するという宇野は1つのよい選択肢かもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 世界の第一言語として話す人の人口ランキングになります。※話せる人口ではありません順位…
  2. はじめに日本は北は北海道から南は沖縄まで様々な場所へ高速道路をつかって車で移動することが出来ます…
  3. はじめに世界には様々な激辛唐辛子があります。辛さの源となるのはカプサイシンという成分になります。…
  4. 毎年年末の悩みの種となるのが年賀状の作成です。今年は去年よりは早めに準備しようと思っていても気づいた…
  5. 今や街中に溢れているファミリーレストランの店舗数のランキングをご紹介します。小さい頃から慣れ親しんだ…
  6. 男子シングルフィギュアスケートの大会国際ルールはショートプログラムとフリースケーティングの合計得点で…
  7. はじめに国土地理院の発表によると日本の国土総面積は377,971k㎡となっています。今回はそんな…
  8. 英語の単語数はハーバード大学とGoogleの研究によると100万語を超えると言われています。日本でも…
  9. はじめに最近テニスの試合を観に行くことが多く、その時に感じた感想としてテニスのサーブてめちゃくち…
  10. はじめに日本のプロ野球の球団はセリーグとパ・リーグをあわせて臀部で12球団、そんな12球団が本拠…
PAGE TOP