年別 台風の発生位回数 ランキング 台風の多い年は?

毎年夏から秋にかけて多く発生する台風。台風の多くは熱帯地域で発生し、日本に上陸する台風は主にフィリピン海沖がほとんどです。台風は強風と豪雨をもたらし時として甚大な被害がでます。今回はそんな台風が度の年に多かったのかを1980年からの発生回数のランキングをまとめてみましたのでご紹介します!

台風発生回数ランキング

順位 台風数
1 1994 36
2 1989 32
3 2013 31
3 1992 31
3 1988 31
6 2004 29
6 1991 29
6 1990 29
6 1986 29
6 1981 29
11 1997 28
11 1993 28
13 2017 27
13 2015 27
13 1985 27
13 1984 27
17 2016 26
17 2002 26
17 2001 26
17 1996 26
21 2012 25
21 1982 25
23 2007 24
23 1980 24
25 2014 23
25 2006 23
25 2005 23
25 2000 23
25 1995 23
25 1987 23
25 1983 23
32 2009 22
32 2008 22
32 1999 22
35 2011 21
35 2003 21
37 1998 16
38 2010 14

最強クラスの台風の様子

まとめ

年別 台風の発生位回数 ランキングいかがでしたでしょうか?台風の一番多かった年は1994年で36個もの台風が発生しました。その年の8月9月だけで17個もの台風が発生しています。逆に一番台風が少なかったのは2010年で14個、年によって二倍以上の差があります。台風は自然の恵みである雨をもたらしてくれますが、猛烈な暴風も伴ってくるのであまり来てほしくはないですよね。

スポンサーリンク

ランキングを検索


ピックアップ記事

PAGE TOP