世界の排他的経済水気 EEZ 国別広さランキングTOP20

はじめに

排他的経済水域とは英語名でExclusive Economic Zoneといい略称EEZと呼ばれています。国連海洋法条約で自国国土の基線から200海里までの水域を指し、水産や資源エネルギーなどの経済活動をする事ができます。ちなみに1海里は1852mですので約370kmとなります。

EEZ広さランキング

順位 国名 EEZ(K㎡)
1 フランス 11,691,000
2 アメリカ 11,351,000
3 オーストラリア 8,505,348
4 ロシア 7,566,673
5 イギリス 6,805,586
6 インドネシア 6,159,032
7 カナダ 5,599,077
8 日本 4,479,388
9 ニュージーランド 4,083,744
10 チリ 3,681,989
11 ブラジル 3,660,955
12 キリバス 3,441,810
13 メキシコ 3,269,386
14 ミクロネシア連邦 2,996,419
15 デンマーク 2,551,238
16 パプアニューギニア 2,402,288
17 ノルウェー 2,385,178
18 インド 2,305,143
19 マーシャル諸島 1,990,530
20 ポルトガル 1,727,408

日本の排他的経済水域

日本は島国であることや国土が南北に長く島々も多いため排他的経済水域も必然的に大きくなります。しかし島国特有の韓国や中国などとの島の領土問題も多くあります。中国も近年経済力をつけてきたこともあり、排他的経済水域を巡って問題が起きることも多くなりました。

まとめ

日本の領土は377,972㎡で世界では62位となっていますが排他的経済水域では世界第8位と言わずと知れた海洋国家です。
関連記事


日本の排他的経済水域では資源エネルギーも大量に埋蔵されているということから資源国家になる可能性もあると言われています。技術の向上により採掘コストが下がれば日本も大きな経済的チャンスが訪れるかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP